最新情報

  • 2月
  • 24日
  • 2013

なぜ音楽をするの?

立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続きますね。

2月の20・21・22日とレッスンをお休みさせていただき、ペース・メソッドの研修に行ってきました。

たくさんの気付きのあった3日間でした。

初日、「なぜ、音楽をやるの?」「なぜ、ペース・メソッドでするの?」

そんな原点を見つめ直すことをディスカッションしました。

そこで学んだことを、書かせてくださいね。

 

音楽は、を同時にバランスよく育てることができます!

で聴覚、視覚、触覚の全てを働かせ楽譜からのルールを学び、

で音楽の表情を感じ、

で音楽的に演奏できるテクニックを身につけます。

すなわち、ピアノは体の全ての機能を使う学習なのです。

ピアノだけに限らないのですが、勉強でも、スポーツでも、この3つのバランスがとれていることが、人間形成に求められていることなのです。

私たちは、音楽を通して、この人間形成をしていきたいと思っています。

・・・たかだか町のピアノの先生が・・・大きすぎる目標と笑わないでネ。

ピアノは4~5歳から中学生位まで10年くらいのお付き合いさせていただけると思っていますので、先の大きな目標を見つめています。

でも、ただ音楽をするだけで、頭・心・指がバランスよく育つかというと、そうではないのです。

「人の演奏を模倣する。」「先生の指示に受け身に従う。」など演奏のみを埋め込んでしまうことは、良い子で、曲を早く弾けるようになるかもしれませんが、頭・心・指を同時に動かす経験をしていないのです。

音楽の理解は、メロディーやリズムの色々な形、ハーモニーの進行などの基礎知識や構成を知ることから生まれます。これを音楽の概念といいます。

ペース・メソッドのレッスンでは、曲からこの音楽の概念を取り出すとき、

先生がすべて伝授するのではなく、

「どんな面白いことがみつかるかな~?」

「これを使ってどんなふうに工夫(即興のこと)していこうかな~?」

とアプローチして子どもたちが、自分で発見する喜びをお手伝いします。

自分で見つけた概念は、ずっと覚えているし、どんどん広げて応用していくことができます。

これを「らせん学習」といいます。

先生は、子どもたちが、自分で自分を進歩させることができるような基礎知識と技術を学んでいくことを助ける役目なのです。

ペース・メソッドは、頭・心・指を一体として、どんどんらせん型に広がっていくように考えられた指導法です。

 

ちょっと難しくなってしまいましたが・・・数あるピアノ教室の中、「谷川音楽教室でペース・メソッドと出会ってくださった保護者の皆様!

大切な大切なお子様たちの成長が、自主性をもって伸びていかれるよう、

ピアノを通してお手伝いできればいいなぁと思っています。

                        今回の研修で学んだことを、レッスンに活かし、音楽をしていること、ペース・メソッドでしていることを誇りに思って頑張っていきます。

高石・堺でピアノ教室をお探しの方へ

ピアノは心が豊かになります。高石市にある谷川音楽教室では、ピアノを通して音楽が大好きになり、自ら学び、伸びていく力を育みます。音楽が一生の友となるようピアノを始めませんか?先ずはお気軽にお問い合わせください。

TEL.080-3813-0794 (受付:AM10:00-PM:6:00)

ひとつ先の記事:

ひとつ前の記事:

最新情報

2021年9月4日
音程感じよう!
2021年7月22日
発表会
2021年4月18日
新年度レッスンスタート
2021年1月23日
バランスダイエット
2020年10月31日
秋のレッスン室
2020年8月15日
夏のパーカッション講座
2020年5月25日
Stay home
2020年3月27日
リトミックの学び
2020年1月29日
色々な視点
2019年12月21日
発表会はワンチーム

アーカイブ情報